宮城のニュース

<高校野球宮城>登米鮮やか逆転勝ち

登米−塩釜 8回裏登米無死満塁から佐藤が中前に2点適時打を放ち、6−3とする。捕手大山

 ▽4回戦(仙台市民)

塩 釜000001112=5
登 米00000025×=7

 【評】登米が逆転勝ちした。2−3の八回、無死満塁から西條の内野ゴロで追い付き、さらに佐藤の2点中前打などで一挙5点を奪った。塩釜は九回に2点を返したが、最後は力尽きた。

<塩釜・中山(好投の先発左腕が終盤逆転される)>
 「終盤になるにつれ、相手打者の表情から『絶対打つぞ』という強い気持ちがマウンドに伝わった。自分も『絶対打たせないぞ』と負けない気持ちで投げたが、相手が上だった」

◎春の敗戦糧に終盤集中打
 第3シードの昨年は届かなかった8強に進出した。全校生徒約390人の声援を受けた登米が塩釜に逆転勝ち。2安打を放った小野寺は「みんなで戦っている気持ちになった」と感謝した。
 千葉監督が「終盤勝負になる」とみていた通りの展開になった。2−3の八回、先頭の小野寺が左前打を放ち、攻撃の口火を切る。その後も攻め続け、押し出し死球と佐藤の2点中前打などで一気に4点を勝ち越した。
 春の敗戦が生きた。塩釜には、東部地区予選の準決勝で敗れている。好投手中山の低めの変化球に苦しめられたのが大きな原因だった。
 再戦を前に、チームは変化球の高さを見極める打撃練習を徹底した。膝上の高さにひもを張り、それより低い球は打たないようにする。この成果を中盤以降に発揮して中山のリズムを崩した。佐藤は「打てて良かった」とほっとした表情で振り返る。
 リードを許す展開が続いても、選手たちは常に笑顔でベンチをもり立てた。小野寺は「次は今日以上にいい試合をする。笑顔を絶やさず、楽しんでプレーしたい」と力強い。
 一戦ごとに、登米がたくましさを増している。(及川智子)


2016年07月21日木曜日


先頭に戻る