宮城のニュース

<高校野球宮城>ベスト8まず4校

 第10日は20日、仙台市民と石巻市民の両球場で4回戦4試合が行われ、登米が塩釜を破り、準々決勝進出を決めた。ほかにシード勢の東陵、東北学院榴ケ岡、東北が勝ち進んだ。
 登米は終盤に打線が集中力を発揮し、7−5で塩釜を振り切った。第1シード東陵は着実に加点し、泉松陵に8−1の八回コールド勝ち。第5シード東北学院榴ケ岡は6−3で泉に逆転勝ちし、第2シード東北は石巻を6−3で退けた。
 21日は仙台市民、石巻市民の両球場で、8強入りを懸けた4回戦の残り4試合が行われる。

 ▽4回戦
東陵 8−1 泉松陵
登米 7−5 塩釜
東北学院榴ケ岡 6−3 泉
東北 6−3 石巻


2016年07月21日木曜日


先頭に戻る