宮城のニュース

<ウジエ>売り場面積最大 築館店オープン

ウジエスーパーで最大の売り場面積を持つ築館店

 ウジエスーパー(宮城県登米市)は21日、栗原市築館に売り場面積が最大となる築館店をオープンした。築館地区への出店は13年ぶりで、店内は初日から大勢の買い物客でにぎわった。
 同社は一部で店舗網の再編を行い、県内の店舗数は築館店を加え、29になる。 築館店は鉄骨平屋で、売り場面積約2570平方メートル、敷地面積約1万70平方メートル。購入品を店内で食べられるイートインコーナーを設けたほか、店の外には同店初となるテラスゾーン(32席)を配置した。
 種類、量を充実させた地場産品コーナーでは、生産者の情報も紹介。全国的に人気の高いブランドの農産物なども併せて取りそろえる。年間売り上げ目標は20億円。氏家良典社長は「品ぞろえ、売り場の雰囲気ともに充実を図った。地域住民同士がくつろぎながら交流できる店にしていきたい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2016年07月22日金曜日


先頭に戻る