宮城のニュース

<高校野球宮城>柴田5回集中打

石巻工−柴田 5回表柴田2死二、三塁、佐藤健(右)が左越えに3点本塁打を放ち、7−0とする。左は次打者管野

 ▽4回戦(仙台市民)

柴 田001060000=7
石巻工000000210=3

 【評】柴田が打力で圧倒した。1−0の五回、2死から熊谷の右前打を皮切りに鈴木、小室の適時打、佐藤健の左越え3点本塁打など6連打で6点を奪った。石巻工は終盤に3点を返したが、後が続かなかった。

<佐藤健の3ランで締めくくり>
 柴田が五回に2死無走者から6連打。単打5本でつなぎ、主砲佐藤健が左翼席に飛び込む3点本塁打で締めくくった。
 連打が8番熊谷から始まったことで勢いづいた。右前適時打を放った1番の鈴木主将は「下位がつくった好機を何が何でも生かしたかった」と話す。佐藤健も「自分に回してくれたので、単打で続くつもりだった。大きな当たりで驚いた」。卒業した1年上の先輩から借りたバットで放った一撃を笑顔で振り返る。
 準々決勝の相手は利府。鈴木主将は「2死から得点できたことを自信にしたい」。実力校との対戦を前に大きな勇気を得た。

<石巻工・森(2年生主戦。五回2死から6連打を浴びて6失点)>
 「2死まで取って『試合も半分まで来た』と安心してしまい、球が甘い所に入ってずるずるいった。(七回から継投の3年生)山田さんが3回戦の東北学院戦に続き、3回無失点で抑えてくれたのに申し訳ない」


2016年07月22日金曜日


先頭に戻る