青森のニュース

復興加速へインフラ整備を 青森でフォーラム

道路などのインフラ整備を考えたフォーラム=青森市の青森国際ホテル

 東日本大震災からの復興加速とインフラ整備を考えるフォーラム「がんばろう!東北」が21日、青森市であった。東北6県の建設業者など約550人が参加。「国土強靱(きょうじん)化に向けた継続的な公共投資」などを国に求める要望を採択した。
 東北経済連合会などでつくる「東北の社会資本整備を考える会」の主催。海輪誠東経連会長が「復興はまだ道半ば。積極的に未来へ投資することで東北の活性化につなげたい」とあいさつした。
 下風呂観光ホテル三浦屋(青森県風間浦村)の若おかみ三浦祐未さんが登壇し「アクセスが不十分では、せっかくの魅力に触れてもらう機会がない」と下北半島の道路整備を訴えた。
 国への要望では「高規格道路の整備推進」など6項目を盛り込んだ。


2016年07月22日金曜日


先頭に戻る