福島のニュース

最低限の住環境「年度内に」富岡・帰町検討委

 東京電力福島第1原発事故で全町避難する福島県富岡町の「帰町検討委員会」は21日、除染や生活環境整備に関する1回目の現状評価を町に報告した。住宅や商業・医療環境は本年度内に最低限の機能が回復する見通しと評価した。
 総評では「安全確保」の観点から、局所的に放射線量が高い箇所について実効性のある再除染・追加除染の必要性を指摘。「生活に必要な機能回復」では「帰還環境の充実に明るい兆しが見える」と評価し、町民や周辺市町村と連携した持続的取り組みを求めた。
 町は2017年4月の帰還開始を目標にしており、検討委の評価などを判断材料とする。一方で、住民一人一人の状況や考えが異なることを考慮。避難指示の解除後も、検討委が定期的に居住環境を評価して町民に判断材料を示す。


2016年07月22日金曜日


先頭に戻る