宮城のニュース

<県中学総体>古川黎明制す 女子400リレー

陸上女子400メートルリレー決勝 古川黎明の3走大和(左)がアンカー秀岳にバトンを渡す

◎「努力はうそをつかない」
 陸上女子400メートルリレーは古川黎明が50秒22で優勝。今月2、3日にあった通信陸上県大会の岩切の優勝タイム50秒45を上回り、両大会の優勝校のうち好タイムを出した1校に与えられる全国中学大会(全中)の出場権をつかんだ。
 優勝と同時に記録を狙う緊張感はあったが、「集中できた」と1走伊藤が好スタート。ノーミスでバトンをつなぐと、2年生アンカー秀岳は「行け(秀岳)侑美、全中」と3走大和に活を入れられ、強い向かい風に負けず快走した。
 うれし涙を流す4人。2走戸羽は「顧問の佐藤先生の『努力はうそをつかない』という言葉を信じてやってきた」と雨雪の中でも続けた朝練習を振り返る。全中では準決勝進出を目指す。


2016年07月23日土曜日


先頭に戻る