広域のニュース

<都知事選>小沢氏、鳥越氏を猛プッシュ

東京都知事選の街頭演説で鳥越俊太郎氏(中央)と手を取り合う野党4党首ら。左から枝野民進党幹事長、小沢生活の党共同代表、(1人おいて)志位共産党委員長、又市社民党幹事長=22日、東京・有楽町

 生活の党の小沢一郎代表(衆院岩手4区)は22日、東京・有楽町であった都知事選(31日投開票)の野党合同演説会で、野党4党統一候補のジャーナリスト鳥越俊太郎氏(76)への支持を呼び掛けた。
 小沢氏は「鳥越さんは信念を曲げないジャーナリスト」と持ち上げ、「安倍政権下で社会に格差が生じ、民主主義の基本である言論も弾圧されている。鳥越さんを知事にしてほしい」と呼び掛けた。
 鳥越氏は、小沢氏が強制起訴され、無罪となった陸山会事件の取材経験を披露。「マスコミは小沢さんを『黒い政治家』と呼んだが、私は正義がどこにあるか見極め、擁護した」と信頼関係の強さを強調した。
 小沢氏にとって、鳥越氏の対抗馬の増田寛也氏(64)はかつて岩手県知事選に担ぎ出した人物。小池百合子氏(64)とは新進党、自由党で行動を共にした。人間模様が複雑に絡まる戦いに参戦した小沢氏。2人への言及は一切無かった。


関連ページ: 広域 政治・行政

2016年07月23日土曜日


先頭に戻る