広域のニュース

復興工事の宿舎拠点に盗み繰り返す 男逮捕

 宮城、岡山両県警は22日までに、会社事務所に侵入し現金を盗んだとして窃盗などの疑いで兵庫県姫路市香寺町溝口、会社員三宅宏樹容疑者(35)=窃盗罪などで公判中=を逮捕、追送検し、捜査を終えた。6件を立件し、他に2014年9月から今年2月までに、岩手など東北地方4県と京都、兵庫、岡山の3府県で計91件(約600万円相当)の被害を裏付けた。
 岡山県警によると、三宅容疑者は「東日本大震災の復興関連工事に携わり、東北地方に土地勘があった」と話し、宮城県内で泊まり込んでいた作業員宿舎を拠点にしていたとみられる。
 逮捕、追送検容疑は昨年6月〜今年3月、岩手、宮城、岡山の3県で会社事務所に侵入し、現金計約67万円や切手などを盗んだ疑い。


関連ページ: 広域 社会

2016年07月23日土曜日


先頭に戻る