宮城のニュース

<楽天>ウィーラー連発 後半戦初勝利

3回東北楽天無死、2打席連続となる本塁打を放ちチームメイトに迎えられるウィーラー(左)

 東北楽天は今季4度目のサヨナラ勝ちで、連敗を3で止めた。5−5の延長十二回1死満塁、藤田の打球が相手投手の失策を誘い、決勝点を奪った。打線は一、三回にウィーラーの2打席連続ソロ、二回は三好のプロ初となる3ランで序盤に5得点した。5−2の七回は2番手福山が3点を失い同点にされた。十二回を無得点に抑えた6番手金刃が3勝目。
 ロッテは東北楽天戦の連勝が4で止まった。

 東北楽天−ロッテ12回戦(ロッテ8勝4敗、18時、楽天Koboスタジアム宮城、24,553人)
ロッテ 010100300000=5
東北楽天131000000001X=6
(延長12回)
(勝)金刃29試合3勝
(敗)大嶺祐9試合1勝3敗
(本)ウィーラー17号(1)(関谷)=1回、ウィーラー18号(1)(関谷)=3回、三好1号(3)(関谷)=2回

☆梨田の話ダ
◇やり返した 
 「サヨナラ勝ちは(5月に2試合連続で)千葉でやられたからね。本当にいい勝ち方だった。勝ちパターンから追い付かれたけれど、ファンにも喜んでもらえたと思う」(ロッテ相手にサヨナラ勝ちして)

☆イヌワシろっかーるーむ
 ウィーラー内野手(一、三回に左越えソロ)「2打席連発は日本で初めて。いい気持ちで打てた。打順は何番でも特に意識は変わらない。3番で自分の仕事ができて良かった」
 宮川将投手(延長十一回を三者凡退でしのぐ)「マウンドで自分のベストの球を意識しながら投げられた。押す投球をしなくてはいけない場面だったので、全力を出し切ろうと投げた」


2016年07月24日日曜日


先頭に戻る