宮城のニュース

<高校野球宮城>東陵 着実に加点

東陵−登米 7回表東陵2死三塁、マウンド付近に集まり、励まし合う2番手西條(左から3人目)ら登米ナイン

 ▽準々決勝
東 陵201002100=6
登 米000000001=1

 【評】東陵が投打に地力の差を見せて快勝した。一回2死から小畑、菅原、伊藤の3連打で2点を先取。その後も四球や安打などで効果的に得点を重ね、リードを広げた。先発八鍬は8回1安打無失点。登米は計2安打に抑えられ、九回に1点を返すにとどまった。

◎登米2安打力負け 相手の制球力に脱帽

 登米は打線が2安打と力負けした。0−6の九回に1点を返したものの、八回まで投げた東陵の主戦八鍬に対しては、三回の幸運な内野安打1本のみ。千葉監督は「丁寧な投球で前に(いい当たりを)飛ばさせてくれなかった」と脱帽した。
 カウントを取りにくる甘い球を待ったが、抜群の制球力の前に「低めの球も振ってしまった」(小野寺)と思うような打撃ができない。四回には先頭の小野寺が外角球を見極めて唯一の四球を選んだが、得点にはつながらず、五〜八回は三者凡退した。大和町吉岡小の同級生だった八鍬との対戦に「絶対打つ」と闘志を燃やしていた小野寺は「相手が上だった」と認めるしかなかった。4番三浦も「打てるコース(の球)を仕留められなかった」と悔しがった。
 春の東北大会に出場した昨年のチームとは違い、今年は柱となる選手やムードメーカーが不在。それでも、夏の成績は昨年の4回戦敗退を上回り、5年ぶりの8強入り。千葉監督は「総合力で戦い、選手たちはやり切った」と言う。
 先発し、5回3失点でマウンドを降りた後もベンチから声を出し続けた菊地主将は「このメンバーで野球をやってきて良かった」と笑顔だった。(及川智子)

<4戦連続の2桁安打>
 東陵打線が10安打を放ち、これで初戦から4戦連続2桁安打と勢いが止まらない。2安打2打点と4番打者の仕事を果たした菅原主将は「つなぐ意識を持っていたので、大振りにならなかった」と納得の表情を見せた。
 低めのボール球を振らないことを徹底した。一回は高めに抜けた直球を見逃さず、中前にはじき返して先制打。「逆方向へ強い打球を打とうと打席に入ったのが結果につながった」と振り返る。
 準決勝に向け「点差が開いた試合の後こそ、気を引き締めないといけない。接戦になるつもりで臨む」と意気込んだ。


2016年07月24日日曜日


先頭に戻る