宮城のニュース

<高校野球宮城>東北 14安打大勝

東北学院榴ケ岡−東北 2回裏東北1死二塁、杉沢が右越えにランニング2点本塁打を放ち、4−0とする。捕手早坂

 ▽準々決勝
東北学院榴ケ岡0000000=0
東     北041210×=8
(七回コールドゲーム)

 【評】東北が圧勝した。二回は敵失で先制すると、1死二塁から佐藤翔が左越えに適時二塁打。さらに杉沢の右越えランニング2点本塁打で計4点と畳み掛けた。投げては主戦渡辺と深町が完封リレー。東北学院榴ケ岡は打線がつながらず、三塁を踏めなかった。

◎春の東北王者 走攻守に貫禄

 春の東北大会を制した東北が貫禄を見せ、準決勝に進出。先発全員の14安打での大勝に、児玉主将は「鍛え抜いた攻撃力を発揮して甲子園出場を果たしたい」と自信をのぞかせた。
 主導権を握ったのは序盤の二回。制球に苦しむ相手投手の甘い球を逃さない打撃と、隙を突く積極的な走塁が光った。敵失や佐藤翔の適時二塁打で2点を奪った後、1死二塁から1年生の1番杉沢が2球目のスライダーを右越えに運んだ。
 その時、三塁ベースコーチの児玉主将は、右翼手の打球処理や中継プレーのもたつきを見て「(二走だけでなく杉沢も)本塁でセーフになる」と判断し、大きく腕を回した。
 杉沢は捕手のタッチをかいくぐって生還し、この回4点目。「次の塁を狙うことだけを考えた。主将の指示を信じて走った」と公式戦初本塁打を喜んだ。
 援護を受けた主戦渡辺は「走者を出しても焦らなかった」と変化球を主体に6回を6奪三振で無失点。守備も無失策で、走攻守がかみ合った。次は仙台育英と佐沼の勝者と当たる。
 「仙台育英を倒して甲子園に行くために東北に入った」と杉沢。児玉主将は「どこが相手でも、チーム一丸でぶつかる」と力を込める。7年ぶりの頂点まで、あと2勝と迫った。(佐藤将史)

<東北学院榴ケ岡の主戦吉田「相手の力が上」>
 東北学院榴ケ岡は2年連続の4強入りを逃した。この試合まで防御率1.00と安定していた2年生の主戦吉田が四回途中7失点と崩れた。「力みはなかったし、調子も悪くなかったが、相手の力が上だった」と涙をこらえて話した。
 二回、東北打線につかまり、4長短打を浴びて4失点。制球が甘くなり、時折高めに浮く球を見逃してはもらえなかった。「気持ちでぶつかったが、勢いを断ち切れなかった」と悔しがった。
 佐々木監督は「この敗戦を来年の糧にしてほしい」と左腕に成長を促した。


2016年07月24日日曜日


先頭に戻る