宮城のニュース

<角田市長選>告示 現新一騎打ち

木村(きむら) 伸一(しんいち) 63 無新
大友(おおとも) 喜助(きすけ) 65 無現(2)

 任期満了に伴う宮城県角田市長選は24日告示され、ともに無所属で、元市総務部長の新人木村伸一氏(63)と、3選を目指す現職の大友喜助氏(65)が立候補を届け出た。投票は31日で即日開票される。(14面に関連記事)
 木村氏は「賑(にぎ)わいの交流拠点施設」(道の駅)計画を批判し「建設しても負担だけが残るとの不安が渦巻く。雇用確保や子育て支援、教育などの課題に財源を回すべきだ」と主張した。
 大友氏は道の駅整備の推進姿勢を打ち出し「自治体間の競争が激しさを増す中、何もしない守りの姿勢では地域が埋没してしまう。攻めの行政で角田の新時代を切り開く」と強調した。
 23日現在の有権者は2万5939人。

 ◇角田市長選立候補者 
 
木村(きむら) 伸一(しんいち) 63 無新 
学習塾代表(市総務部長、地域振興課長)角田市、東北大  
 
大友(おおとも) 喜助(きすけ) 65 無現(2)
市長(市総務部長、企画課長)角田市、福島大院      
 


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年07月25日月曜日


先頭に戻る