宮城のニュース

<楽天>同点打の島内 バントミス反省

2回東北楽天1死満塁、島内が同点の右前適時打を放つ。捕手田村

 東北楽天の島内宏明が0−1の二回1死満塁から、同点の右前打を放った。狙い球ではなかったが、浮いたフォークボールにうまく反応した一打を「奇跡って起こるものですね」と独特の言い回しで振り返った。
 ただ、七回無死一塁の場面ではバントミスで捕ゴロ併殺となり、流れを切ってしまった。九回2死一、三塁でも一ゴロに倒れ、試合終了。「何でも反応していては結果が出ない。コース、球種をしっかり絞らないと」。ロッテ涌井の投球術にはまり、反省しきりだった。


2016年07月25日月曜日


先頭に戻る