宮城のニュース

<楽天>打線の援護得られず 逆転負け

7回ロッテ1死、デスパイネに同点ソロを浴びがっくりする東北楽天先発の則本(左から2人目)

 東北楽天が逆転負け。2−1の七回、先発則本昂大がデスパイネと鈴木大地にソロを浴びた。則本は9回3失点で完投したが6敗目。打線は0−1の二回1死満塁、島内宏明の右前打と藤田一也の二ゴロで2点を挙げた。三回以降は立ち直った涌井秀章に4安打に抑えられ、無得点に終わった。
 ロッテの涌井は9回2失点の完投で8勝目。

 東北楽天−ロッテ13回戦(ロッテ9勝4敗、17時、楽天Koboスタジアム宮城、26,301人)
ロッテ 010000200=3
東北楽天020000000=2
(勝)涌井17試合8勝4敗
(敗)則本18試合9勝6敗
(本)デスパイネ15号(1)(則本)=7回、鈴木6号(1)(則本)=7回

☆イヌワシろっかーるーむ
<池山隆寛打撃コーチ(涌井に二回までに7安打を浴びせながら完投を許した打線に)>
 「安打は出ても、あと一本というところで出ない。内外角をうまく突かれた。粘り強い涌井の持ち味を出させてしまった」

☆梨田の話ダ
<3安打だから…> 
 「代打アマダーとも思ったけれどね。涌井から三好が3本も打っていたから。1本くらいならアマダーだったかな」(九回1死一、二塁で9番三好に代打を出さなかった判断について)


2016年07月25日月曜日


先頭に戻る