福島のニュース

<相馬野馬追>人馬一体 440騎躍動

スタンドの声援を背に、騎馬武者が馬場を疾走した=24日午後、南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地

 国の重要無形民俗文化財「相馬野馬追」は24日、福島県南相馬市原町区の雲雀ケ原祭場地で甲冑(かっちゅう)競馬と神旗争奪戦を行った。約440騎の騎馬武者の活躍に、4万3000人が詰め掛けたスタンド席がどよめいた。
 競馬は7レース。背中の旗指し物をはためかせ、甲冑姿の騎馬武者が馬場を駆け抜けた。争奪戦には280騎が参戦し、花火で打ち上げられた神旗を目指して手綱を操った。
 野馬追の関連行事として同日夜、南相馬市小高区では、かがり火を起源とする「火の祭」が6年ぶりに開催された。手作りの火の玉2000個、4000発の花火が夜空を彩った。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月25日月曜日


先頭に戻る