秋田のニュース

<高校野球秋田>大曲工が夏初出場

大曲工−角館 夏の甲子園初出場を決め、喜び合う大曲工ナイン

 第98回全国高校野球選手権地方大会は25日、6大会で決勝が行われ、大曲工(秋田)や創志学園(岡山)京都翔英が夏の甲子園初出場を決めた。香川では尽誠学園が今春の選抜大会準優勝の高松商に逆転勝ちし、9年ぶりの甲子園切符を手にした。唐津商(佐賀)大分も名乗りを上げた。
 昨夏優勝の東海大相模(神奈川)は8強入りし、今春の選抜大会を制した智弁学園(奈良)は準決勝に進んだ。昨夏代表の智弁和歌山は、準々決勝で市和歌山に敗れた。
 26日は茨城、千葉、石川、福井、滋賀、広島、熊本、鹿児島の8大会で決勝が実施される。

<終盤に驚異の粘り、念願の初切符>
 大曲工が終盤の驚異的な粘りで角館に逆転勝ちし、夏の甲子園初出場を決めた。
 4点を追う八回、角館の好投手小木田を攻め、5安打などで3点を奪い、なおも1死二、三塁。加藤の投ゴロが失策を誘い、走者2人がかえって逆転した。「チャンスは絶対に来ると思っていた」と1点差に迫る適時打を放った主将の高橋陽。諦めない姿勢が勝利を呼び込んだ。
 昨年春の選抜大会で初めて甲子園の土を踏んだが、夏の秋田大会では思うような結果を残せなかった。念願の切符をつかんだ阿部監督は「甲子園でも、秋田らしい粘り強さを発揮したい」とさらなる躍進を誓った。

 【秋田】
 ▽決勝(こまちスタジアム)
角 館020130010=7
大曲工10000205×=8
(角)小木田―小松
(大)佐々木優、藤井、鈴木理―浅利


2016年07月26日火曜日


先頭に戻る