福島のニュース

モモ、重くてびっくりしたよ 福島で収穫体験

モモのもぎ取りを楽しむ園児たち

 鉢植えにしたモモの収穫体験が25日、福島市の春日保育所であり、園児約90人が枝からもぎ取り、旬を迎えた特産品を味わった。
 運び込まれたのは市内の農家が育て、高さ2メートル余りに成長した主力品種「あかつき」5本。市職員が冬の枝切りや受粉といった作業を紹介。収穫前の着色管理については「太陽を当てて黄色い実をピンクや赤にするんだよ」と説明した。
 もぎ取りを体験した佐藤虹花(ななか)ちゃん(4)は「初めてやった。楽しかった」と笑顔を見せ、土屋真守(まもる)ちゃん(4)は「取ったばかりのモモは硬くて重かった」と驚いた様子だった。
 収穫体験は3年前から、市が地産地消の一環で行っている。


関連ページ: 福島 社会

2016年07月26日火曜日


先頭に戻る