宮城のニュース

<楽天>ペゲーロ 右前へ来日初安打

2回東北楽天1死、初打席に一ゴロに倒れる新外国人のペゲーロ

 1軍に昇格したばかりの東北楽天の新外国人ペゲーロが6番左翼で先発し、七回に来日初安打を右前へ放った。「まずは1本打ってホッとしたが、チームが負けている以上は素直に喜べない」と表情は硬かった。
 1軍合流前の2軍戦では1試合2本塁打をマーク。試合前に「パワーには自信がある」と話していたが、期待された長打はお預け。守備では七回に吉村の左中間への飛球を好捕し、梨田昌孝監督も「難しい打球をよく捕った」と評価した。
 来日は米大リーグ、マリナーズでプレーした2012年に東京であった開幕シリーズ以来。「日本人は他人を尊重し、いい国だと思う。日本語も徐々に覚えていきたい」と新天地での生活にも意欲を見せた。


2016年07月27日水曜日


先頭に戻る