秋田のニュース

<男鹿水族館>アザラシ間近でぷかぷか

餌やりなどを体験する参加者

 秋田県男鹿市の男鹿水族館GAOで、ゴマフアザラシ展示場のプールに入って餌やりなどを体験できるイベント「ぷかぷかアザラシ」が開かれている。9月25日まで。
 水族館が用意した長靴と防水着で、普段立ち入ることができない飼育プールの浅瀬に入る。飼育員の指導を受け、餌のシシャモを与えたり、水中で1回転させるといった簡単な技を指示したりすることができる。
 同館のゴマフアザラシは4月にオスの「ゴハン」が誕生し、6頭になった。体験には成獣の4頭が日替わりで参加する。
 両親と来館し、体験した仙台市南中山中1年の大越勇昂さん(13)は「アザラシの毛は空気を含んでいて軟らかかった」と話した。
 土日祝日と8月末までの火、木曜(8月14、16日を除く)、午前11時20分と午後2時40分の餌やり後に行う。参加料800円(入館料別)。各回先着4人で、小学5年以上が対象。連絡先は同館0185(32)2221。


関連ページ: 秋田 社会

2016年07月27日水曜日


先頭に戻る