宮城のニュース

<楽天>誕生日の後藤 勝利に貢献

2回東北楽天1死一、三塁、後藤の二ゴロ併殺崩れの間、先制する

 38歳の誕生日を迎えた東北楽天の後藤光尊が7番二塁で先発し、2安打1打点と勝利に貢献した。
 二回1死一、三塁、二ゴロの併殺崩れの間に、三走アマダーを生還させた。「チャンスで(安打を)打てないのは駄目」と悔しがったが、貴重な先取点になった。2−1の四回は無死二塁から左前打で好機を広げた。六回にも左前打を放ち、「逆方向に2本打てて良かった」と振り返った。
 試合前に「ベテランとして(チームが)苦しい時に何とかしないといけない」と語った通り、ソフトバンク戦の連敗を3で止める勝利に貢献する働きだった。


2016年07月28日木曜日


先頭に戻る