青森のニュース

漁師気分を満喫 イカ釣り体験始まる

 津軽海峡のスルメイカを釣り上げる体験乗船が26日、青森県風間浦村で始まった。
 家族連れなど約10人が午後6時に同村下風呂漁港を出港。沖合約5キロの漁場で仕掛けを投げ入れ、手で糸をしゃくりながら、イカの当たりを待った。約2時間の体験で多い人だと10匹近く釣り上げた。
 むつ市の第二田名部小5年坂本恭毅君(10)は「はしゃぎすぎて船酔いをしてしまったが、イカを釣り上げることができて楽しかった」と話した。
 体験乗船は8月末まで。大人3000円、小学生1500円。前日までの予約が必要。連絡先は活イカ備蓄センター0175(36)2112。


関連ページ: 青森 社会

2016年07月28日木曜日


先頭に戻る