広域のニュース

<六魂祭>「広域連携賞」受賞

全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞で広域連携特別賞を受賞した東北六魂祭=2011年7月、仙台市内

 東北の県庁所在地6市の夏祭りを一堂に集めた東北六魂祭を共同で実施した仙台、青森、盛岡、秋田、山形、福島の6商工会議所が、2016年度の「全国商工会議所きらり輝き観光振興大賞」の広域連携特別賞を受賞した。
 同賞は今回新設された。日本商工会議所によると、東北の文化的象徴の「祭り」を東日本大震災からの復興のシンボルとして一つにまとめ上げたほか、昨年のイタリア・ミラノ万博でパレードを実施し、海外展開事業まで発展させた点を評価した。
 11日に京都市であった全国商工会議所観光振興大会で、鎌田宏仙台商議所会頭は6商議所を代表し、「六つの祭りをきっかけに、東北一体の取り組みを成し遂げた点を評価され、非常にありがたい」と話した。
 観光振興大賞は、地域の個性が光り、模範となる観光振興活動に取り組む商議所を日本商議所が顕彰する。今回で9回目。


2016年07月28日木曜日


先頭に戻る