青森のニュース

<青森タクシー訴訟>運賃580〜660円検討

 格安タクシー会社との運賃変更命令を巡る訴訟で敗訴が続き、国土交通省が各地で見直しを進めている「公定幅運賃」について、青森交通圏では580〜660円で検討していることが29日、分かった。
 東北運輸局は5日、地域内の標準とは異なる運賃を設定した事業者がいる地域で公定幅運賃の範囲を見直すと公示。公定幅運賃の下限620円を下回る料金で幸福輸送が営業する青森交通圏が対象となっている。
 現在は、同交通圏のタクシー事業者や労働組合の構成員、学識経験者らで組織する青森交通圏準特定地域協議会に意見を聴取しているという。
 東北運輸局の担当者は「検討内容についてはコメントできない。秋ごろまでには決定したい」と話した。


関連ページ: 青森 社会

2016年07月30日土曜日


先頭に戻る