広域のニュース

関東の外国人が被災児童ら招待

プログラムを企画したマザーリンク・ジャパンの寝占代表(左)ら

 東日本大震災で被災したひとり親家庭の子どもを夏休み中、関東地方の外国人が自分の家庭に招待する国内ホームステイプログラムが31日に始まる。親が仕事で家にいない子どもの孤独感を取り除き、親にも安心して働いてもらうのが目的だ。
 企画したのは、陸前高田市のNPO法人マザーリンク・ジャパン。ひとり親家庭の小学4年〜高校3年の子どもが対象で、面接を終えた外国人家庭約10組の家に、それぞれ滞在する。外国人の出身地は米国やカナダなどさまざまで、その国の文化や英会話を学べる。期間は31日から最大2週間、参加費は無料。
 寝占理絵代表は「外国人にも支援の輪が広がっている。協力してひとり親家庭を支えたい」と話す。
 ジンバブエ出身の鈴木エリザベスさん(48)は、茨城県美浦村で夫と娘4人と暮らす。「文化が違っても、幸せに生活できることなどを知ってほしい。外国の料理を一緒に作って楽しみたい」と心待ちにする。
 31日出発だが、途中参加もある。参加者を募集しており、連絡先はマザーリンク・ジャパン070(2625)8130。


2016年07月30日土曜日


先頭に戻る