岩手のニュース

<結婚サポート>3組実現 会員700人超す

 岩手県などが出資する財団が運営し、独身者の結婚を支援する「いきいき岩手結婚サポートセンター」で本年度、3組の結婚が実現した。昨年10月の発足から会員は順調に増え、700人を超えた。同センターは、出会いの機会がさらに増えるよう会員を850人まで増やす目標を掲げる。
 センターによると、今年4月に1組、今月に2組の計3組が結婚した。いずれもセンターのお見合いで知り合い、2〜9カ月の交際を経て結婚した。
 幸せをつかんだカップルは、センターを通じてコメントを出した。45歳男性は「30回以上のお見合いをして諦めかけていた」。30代女性は「希望条件に合う人と会うのは普段の生活だけではまれ」と振り返った。
 39歳男性は「年々出会いが少なくなっていた。マッチングシステムはありがたかった」と感謝した。
 今月27日現在の会員登録者は742人。男性は478人(64%)、女性は264人(36%)だった。当初は女性会員が少なかったが、フリーペーパーなどへの広告掲載や友人同士の口コミで情報が広まり、徐々に増えてきた。本年度は20組の成婚を目指す。小守武義センター長は「一人でも多くマッチングの機会が得られるよう会員数を増やしたい」と話す。
 センターは「いきいき岩手支援財団」が運営し、盛岡市と宮古市に開設。専用端末にプロフィルや交際したい相手の条件を登録する。入会費は1万円で2年間有効。


関連ページ: 岩手 社会

2016年07月31日日曜日


先頭に戻る