秋田のニュース

運命の人は故郷に 帰省者向けに出会いの場

 秋田市は、本年度始めた市民対象の出会い企画「シングルズカフェ」の特別版として、帰省者を対象に加えた催しを8月11、12の両日、市内の飲食店で開く。
 市外の参加者を対象にするのは今年5月の本格実施から初めて。人口減少対策が課題となる中、お盆に帰省する市出身者が地元に戻るきっかけにしてもらおうと開催を決めた。
 シングルズカフェは少子化対策として市が参加者を募り、市内の飲食店で食事や会話を楽しんでもらう企画。曜日ごとに会場を変え、ほぼ毎日開いている。
 主催する市子ども総務課の担当者は「1人はもちろん、グループの参加も大歓迎」と話す。
 両日とも午後6時半〜8時半、同市大町5丁目の「第一会館 川反店」で。20、30代の独身男女各20人が対象。参加料3000円(飲食代込み)。5日前までに市子ども総務課に申し込む。
 連絡先は同課018(888)5687。


関連ページ: 秋田 社会

2016年07月31日日曜日


先頭に戻る