山形のニュース

<ラーメン>有名店コラボ 9月「エキスポ」

ラーメンエキスポをアピールする出展者たち

 山形県庄内地域の有名ラーメン店やイタリアンレストランによる合作ラーメンが味わえる「酒田のラーメンエキスポ 2016」が9月10、11の両日、酒田市のみなと市場で開かれる。
 ラーメン店や地元企業でつくる実行委員会が、同時期に庄内で開催される「全国豊かな海づくり大会」に合わせて初めて企画した。5店舗、3団体による5種類の合作ラーメンを提供する。
 注目は酒田市の老舗「満月」のワンタンに、ラーメンを出す旅館として人気の「琴平荘」(鶴岡市)のスープと、オリジナル麺を融合させた「夢の中華そば」。イタリアンシェフがスープ作りに協力した「海老(えび)みそクリーミーラーメン」や、野菜ソムリエが女性向けにヘルシーに仕上げた「枝豆海老ワンタンメン」などもある。
 麺120グラム入りで計4000杯分を用意。前売り券1000円(当日券1200円)で2種類を選べる。
 実行委員長を務める会社員小田かほるさん(49)は「食の街酒田でラーメンを目玉とする大きな催しがないこと自体が不思議だった。地域振興と合わせて、女性が気軽にラーメンを味わえる環境も整えたい」と語る。
 エキスポは両日とも午前11時〜午後4時。出展ブースごとに売り切れ次第終了。連絡先は実行委0234(41)0011。


関連ページ: 山形 社会

2016年07月31日日曜日


先頭に戻る