宮城のニュース

<リオへ届け>世界感じて無事完走を

成人式の後、川村さん(中)の店を訪れた村山紘太(左)と謙太の両選手=2013年1月、仙台市若林区河原町の「カットインカワムラ」

◎宮城からエール(5)陸上男子 村山紘太選手へ−仙台の理髪店店主 川村加代子さん

 村山謙太、紘太兄弟とは生後2、3カ月の時に初めて会いました。お母さんが店の前を通り掛かり、「産まれました」と2人用のベビーカーに乗った双子の兄弟を見せてくれました。真ん丸で大きい赤ちゃんでした。今のスリムな姿からは想像できませんが。
 仙台市古城小1年の頃から兄弟で髪を切りに来ました。2人とも嫌がらず、お利口さんにしていました。
 八軒中に入学すると、そろって陸上部に。その時、うちのスタッフの平野美智子さん(40)に「何の種目をするの」と聞かれ、2人は「長距離をします。将来は箱根駅伝を走ります」と言ったそうです。
 明成高に進んだ後は新聞に載るほど活躍。それでも紘太君は「謙太には負ける」と話していました。兄弟で競っていたんですね。
 大学に進学してからも帰省すると2人で広瀬川河畔をジョギングし、店にあいさつに来てくれます。「いつも応援ありがとうございます」ってね。本当に人間的にすごい兄弟なんですよ。
 リオ五輪には紘太君が出場します。世界を感じながら無事に走って帰ってきてほしい。そして、4年後の東京五輪は兄弟そろって走る姿を応援したいです。

●村山紘太(むらやま・こうた)兄謙太(明成高−駒大出)と同じ旭化成に所属する双子ランナー。仙台市八軒中で陸上を始め、明成高で都道府県対抗駅伝、城西大では箱根駅伝で活躍。リオ五輪は5000メートル、1万メートルの代表。174センチ、54キロ。23歳。仙台市出身。


2016年08月01日月曜日


先頭に戻る