岩手のニュース

堂々と山車行列 一関・千厩夏まつり

郷土芸能を披露する地元の小学生

 岩手県一関地方の夏祭りシーズンの幕開けを告げる「千厩夏まつり」が7月30日、一関市千厩町の中心商店街であり、本格的な暑さの中で郷土芸能や山車行列が勇壮に繰り広げられた。
 実行委員会が主催し、今年で44回目。地元の小中学生が披露した田植え踊りや鬼剣舞に盛んな拍手が送られた。10月に開催される岩手国体などをテーマとした山車14台の競演も歓声を集めた。
 今年は千厩音頭の輪踊りを初めて企画し、見物人を巻き込むなど内容を充実させた。東日本大震災で町内に避難した気仙沼市の被災者が気軽に足を運べる雰囲気づくりにも努めた。
 実行委の永沢由利委員長は「地域全体を巻き込み、被災者の復興を後押しするためにも、大きな一歩になったと思う」と話した。


関連ページ: 岩手 社会

2016年08月01日月曜日


先頭に戻る