山形のニュース

スイレン涼やかに お盆まで見頃

スイレンが見頃を迎えた「湯守の宿三之亟」

 山形県最上町の赤倉温泉にある旅館「湯守の宿三之亟(さんのじょう)」の池のスイレンが、白やピンクの花を咲かせている。連日の猛暑の中、宿泊客や日帰り入浴客らが、涼やかな花を楽しんでいる。
 高橋孜社長(69)によると、スイレンは6月に咲き始めた。ここ3、4年で池全体に花が広がるように増えたという。池は広さが約200平方メートル、深さ約1メートル。タニシやドジョウ、金魚などもいる。
 見学は自由で、9月下旬まで楽しめる。一番の見頃は今月の月遅れ盆まで。連絡先は三之亟0233(45)2301。


関連ページ: 山形 社会

2016年08月01日月曜日


先頭に戻る