宮城のニュース

<コボスタ>メリーゴーラウンド2日始動

レフト側外野席に完成したメリーゴーラウンド。美馬投手(手前)らが試乗した

 プロ野球東北楽天は1日、本拠地の楽天Koboスタジアム宮城(仙台市宮城野区)に整備したメリーゴーラウンドを報道機関に公開した。2日に営業を始める。
 メリーゴーラウンドは左翼席後方の公園「スマイルグリコパーク」にある観覧車の近くに設置。定員24人で、木馬16頭と4人乗りの馬車2台が約3分間回転する。練習後に試乗した美馬学投手は「思ったよりスピードが速かった。球場を眺めることができ、とても雰囲気がいい」と話した。
 営業開始は午後3時。球団の鳥飼健司企画室長は「小さい子どものいる家族などが球場を訪れるきっかけになればいい」と語った。
 料金は1人300円。公園の入場料(大人500円、子ども300円)が別途必要だが、1軍戦開催日は観戦チケットで入場できる。


2016年08月02日火曜日


先頭に戻る