岩手のニュース

<小池都政>岩手知事「増田氏は地方に力を」

 東京都知事選(7月31日投開票)で元防衛相の小池百合子氏(64)が前岩手県知事の増田寛也氏(64)らを破って初当選したことを巡り、選挙戦を注視していた岩手県政界には1日、さまざまな見方が交錯した。
 達増拓也知事は定例記者会見で、増田氏が自民党の全面支援を受けたことを挙げて「守旧派の旗印になるのは増田氏らしくない。自民の要請に基づく立候補を都民は求めていなかった」と指摘した。
 増田氏の今後に関しては「地方分権の推進や人口減少対策で活躍すべき人。改革派の立場で地方のために力を貸してほしい」と期待感を示した。
 圧勝した小池氏については「自民党を内側からぶっ壊すという変革の姿勢は評価できる。地方と東京の共生関係構築に期待したい」と語った。
 政党関係者の評価も複雑だ。自民党県連の工藤勝子幹事長は「地方創生で岩手と東京のつながりを期待したので増田氏落選は残念」と述べつつ、「クリーンな女性リーダーを求める空気が小池氏の追い風になった。党都連は無用な対立を避けて歩み寄ってほしい」と求めた。
 増田氏の知事1期目に政務秘書を務めた生活の党県連の佐々木順一幹事長は「地方消滅の危機の議論をしていた人が急に都知事になろうとすれば誰もが違和感を持つ。今後は原点に立ち返ってほしい」と話した。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年08月02日火曜日


先頭に戻る