岩手のニュース

<さんさ踊り>「幸よ来い」躍動の舞

ミスさんさ踊りのしなやかな舞と、太鼓のリズミカルな音が見物客を魅了した=1日午後6時10分ごろ、盛岡市中央通

 盛岡市の真夏を彩る「盛岡さんさ踊り」が1日夕、市中心部で開幕した。赤やオレンジなど色鮮やかな浴衣をまとった踊り手の列が延々と続き、威勢のいい太鼓の音と掛け声が街に熱気を運んだ。
 パレードは午後6時、岩手県公会堂前でスタート。ミスさんさ踊り5人を先頭に「サッコラー、チョイワヤッセ(幸よ来い)」と声を合わせ、主会場の中央通約1キロを進んだ。
 4日までの期間中、254団体、約3万4500人が参加する。見物客が踊り方を教えてもらえる企画や、誰でも参加できる輪踊りも繰り広げられる。最終日には約1000人が参加する大パレードがある。


関連ページ: 岩手 社会

2016年08月02日火曜日


先頭に戻る