福島のニュース

福島の思い音楽に乗せ CDで熊本支援

CDを作った竹原さん(中央)ら5人のステージ=7月29日、福島市

 東日本大震災で被災したのを機に交流を深めるシンガー・ソングライターの竹原ピストルさん(39)=千葉市出身=と福島市の同世代の男性歌手4人が、熊本地震の被災者を支援しようとチャリティーCDを作った。ネット通販している。
 竹原さんとaveさん(37)、日下部真琴さん(39)、hiroponさん(41)、ターキンさん(38)が参加。表題曲「こんなに離れていても」と、福島ゆかりの「R(ルート)399」「さくらんぼ〜全狩り解禁日〜」の計3曲を収録する。いずれも竹原さんが作詞した。
 竹原さんは2011年3月11日、4人と福島市でのライブに出演するはずだった。そのまま同市内で3日間を過ごし、小学校で避難物資の配給を受けた。
 熊本地震発生後、CD作りを4人に提案。5000枚を作製した。収益の一部を熊本、大分県と東北の被災3県に寄付する予定。
 7月25日から福島県内6カ所でライブを行った竹原さんは「違った街で暮らしていても応援している。福島の仲間と共有した思いを熊本にも届けたい」と話す。税込み1000円。竹原さんの所属事務所「オフィスオーガスタ」のホームページで購入できる。


関連ページ: 福島 社会

2016年08月02日火曜日


先頭に戻る