広域のニュース

<岡田代表退任>東北 慰労と批判が交錯

 民進党の岡田克也代表が9月の代表選に立候補せず退任する意向を表明したことについて、東北の党所属国会議員からは1日、旧民主党と旧維新の党の合併を実現させた功績を評価する声が出る一方、7月の参院選で敗北した責任を問う声も上がった。
 岡田氏は7月30日に記者会見し、代表を退く考えを示した。党国対委員長の安住淳衆院議員(宮城5区)は「政権交代のため、新体制が必要と判断したのだろう。参院選では東日本の多くの1人区で勝利し、反転攻勢の足掛かりを築いた」とねぎらった。
 升田世喜男衆院議員(比例東北)は、旧民主、旧維新両党の合併を主導した岡田氏を「大きな功績を残した」と評価。次期代表に関して「野党共闘の路線を継承し、党勢を拡大できる人が望ましい」と語った。
 一方、参院選を戦った議員からは厳しい指摘が相次いだ。桜井充参院議員(宮城選挙区)は「代表の評判は決してよくなかった。(旧民主党が)政権を失ったときのイメージを引きずっては、新しい受け皿になれない」と述べ、党執行部の大幅な入れ替えを求めた。
 増子輝彦参院議員(福島選挙区)も「参院選で(全国的には)負けた責任を取ってもらいたい」と主張。東京都知事選の投票日前日に進退を表明した経緯にも「(タイミングは)残念だった」と語った。


関連ページ: 広域 政治・行政

2016年08月02日火曜日


先頭に戻る