宮城のニュース

<仙台L>DF市瀬がU−20代表ドイツ遠征へ

 日本サッカー協会は2日、U−20(20歳以下)日本女子代表のドイツ遠征メンバーを発表し、なでしこリーグの仙台レディースからはDF市瀬菜々(18)が選ばれた。
 遠征日程は7〜17日。12日にドイツのU−20女子代表と国際親善試合、15日には現地のチームと練習試合に臨む。市瀬は「11月にパプアニューギニアで開催される(U−20の)ワールドカップメンバーの選出に向けて自分らしいプレーをしたい。海外選手のスピードやフィジカルの強さに対応できるよう経験を積み、収穫のある遠征にする」とコメントした。


2016年08月03日水曜日


先頭に戻る