山形のニュース

<川西ダリヤ園>大輪色鮮やか テーマ別植栽

開園したダリア園で花を楽しむカップル

 国内最大規模を誇る山形県川西町の「川西ダリヤ園」が1日開園し、愛好者らが訪れている。今年は春先から気候に恵まれ、例年より早咲きした種類が多く、白や黄、赤など色鮮やかな花々が炎天下に咲き誇っている。
 同園は1960年、日本初の観光ダリア園としてオープン。敷地4ヘクタールに直径5センチほどの小さな花から約30センチの大輪まで650種類、10万本が栽培されている。
 昨年はダリアの原産地メキシコの高原に育つ原種の「皇帝」をやや日陰に移して育てたところ初めて開花したことから、今年はやや日陰の場所へ植える球根の種類を昨年より大幅に増やした。「男と女」や「恋愛」などテーマ別に植栽しているのも特徴だ。
 開園期間は11月3日まで。8月29日から5日間は宮城県という具合に、8、9月は週ごとに平日限定で宮城、山形、福島、新潟4県と関東地区の在住者を対象にした入園料半額日を設定している。期間中は無休。連絡先は同園0238(42)2112。


関連ページ: 山形 社会

2016年08月03日水曜日


先頭に戻る