宮城のニュース

<楽天>2安打のオコエ 2軍降格

 東北楽天のドラフト1位新人オコエ瑠偉が先発出場し、6月17日のDeNA戦以来約1カ月半ぶりの複数安打となる2安打したが、4日に先発登板する安楽智大と茂木栄五郎が昇格するため、2軍降格することが決まった。
 六回に17打席ぶりの安打となる左翼線二塁打を赤間謙(東海大山形高−東海大出)から放ち、八回にも直球を中前へ。「直球と変化球をいい形で安打にできて、また一つ自信になった」と手応えを語った。
 5月29日の1軍再昇格後は先発起用が続いたが、新外国人のペレス、ペゲーロが加入した後半戦からはベンチ待機が増えていた。「2軍を意識していたわけではないが、自分の立場は理解していた」と冷静に話した。
 梨田昌孝監督は「守備や代走では戦力になるけれど、長い目で見たときに、今、崖から突き落としたほうがいい」と説明し、2軍での成長に期待した。


2016年08月04日木曜日


先頭に戻る