秋田のニュース

野球女子「中3トリオ」夢の舞台へ活躍誓う

東北大会での活躍を誓う(左から)工藤さん、近藤さん、小林さん

 仙台市などで5日開幕する第45回若鷲旗争奪東北中学校野球大会(東北中学校体育連盟、河北文化事業団など主催)に秋田県代表として出場する八郎潟中(八郎潟町)に、3年生の女子部員が3人いる。主力として県大会優勝に貢献した選手もいるなど、いずれもチームに欠かせない存在だ。女子の「中3トリオ」は、初の大舞台でも活躍を誓う。
 大会でベンチ入りするのは、工藤里菜さん(15)、小林茉由さん(14)、近藤穂(まなほ)さん(15)の3人。
 工藤さんは県大会の全5試合に「8番・セカンド」としてフル出場。秋田北中(秋田市)との決勝で同点の犠飛を放つなどの活躍を見せた。外野手の小林さん、一塁手の近藤さんは出場機会がなかったものの、ベンチから声を出したり、スコアをつけて対戦相手を分析したりするなどしてチームを支えた。
 小山田聡監督(58)は、そんな3人を「女子特有の明るさでチームを盛り上げてくれる」と話す。
 3人は八郎潟小時代、ソフトボール部に所属し、全国大会でベスト8の成績を収めた。進学した八郎潟中にソフトボール部がなかったため、野球部に入った。同部には2010年、初めて女子が入部。これまで3人を含め5人が活動している。
 3人は、男子部員22人と同じメニューの練習にも「大変だったことはあまりない」と口をそろえる。野球がうまくなりたい一心で、白球を追い掛けてきた。
 「体力面で男子に劣ることもあるが、教えたことをしっかりと理解し、周囲に伝えることもできる」と小山田監督。石川瑞稀主将(15)も「戦力としてはもちろん、裏方としてもチームを助けてくれるのでありがたい」と信頼を寄せる。
 目標は、ソフトボールで果たせなかった全国制覇。将来は、工藤さんが「女子プロ野球選手になりたい」、小林さんと近藤さんは「(2020年の)東京五輪にソフトボール日本代表として出場したい」とそれぞれ夢を抱く。


関連ページ: 秋田 スポーツ

2016年08月04日木曜日


先頭に戻る