宮城のニュース

<楽天>ソロ2発に沈む

8回オリックス無死、モレルに左越えソロを浴びた東北楽天先発の安楽

 東北楽天は相手の効果的な一発に泣いた。先発安楽智大は二回にT−岡田のソロで先制を許すと、八回にもモレルにソロを浴びて追加点を許した。安楽は8回4安打2失点も3敗目。打線が金子千尋の前に得点機を築けず無得点と精彩を欠いた。
 オリックスの金子は制球が抜群で7回を無四球無失点でしのぎ、5勝目。

 東北楽天−オリックス14回戦(7勝7敗、18時、楽天Koboスタジアム宮城、18,246人)
オリックス010000010=2
東北楽天 000000000=0
(勝)金子16試合5勝6敗
(S)平野39試合3勝4敗20S
(敗)安楽7試合3敗
(本)T―岡田17号(1)(安楽)=2回、モレル7号(1)(安楽)=8回

☆イヌワシろっかーるーむ
<与田剛投手コーチ(安楽に)>
 「相手が早打ちで球数が少なかったおかげもあるが、よく八回まで投げ切った。制球が良く、変化球でもストライクが取れていた。先発枠に入れるとはまだ言えないが、次も任せられる投球をしてくれた」
 茂木栄五郎内野手(約1カ月ぶりの1軍戦復帰も無安打)「打ち取られた内容が良くない。金子さんの球に対応できなかった」

☆梨田の話ダ
<甲子園の時期だから>
 「甲子園の時期だからね。燃える時期に入ったのかもしれない。ちょうどいいね」(8月に合わせて存在感を示した安楽について)


2016年08月05日金曜日


先頭に戻る