宮城のニュース

<E番ノート>ジョジョの世界

 きょうの朝刊折り込みの「週刊オーレ」の表紙がアニメ画で驚いた方もいただろう。漫画家荒木飛呂彦さんが出身地仙台市をモデルにした街を舞台とする作品「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」とのコラボ企画。仙台七夕まつりに合わせ5日から市内で各種行事が行われ、コボスタ宮城でも7日に催しがある。現在放送中のアニメで「ジョジョ」こと空条承太郎と東方仗助役の人気声優2人が試合中の選手登場コールなどを行う。
 特殊な能力を使った戦闘が見どころになっているだけに、選手にはコールで実力以上のプレーを期待したい。内野守備が持ち味の阿部は「承太郎の能力『スタープラチナ・ザ・ワールド』を使って数秒間時間を止められれば絶対にボールが捕れる」。観客を驚かせるような好守に意欲を見せる。
 5〜14日までの試合ではコラボチケットなどを販売。球団は「漫画の名せりふに『だが断る』があるが、来場は大歓迎」とジョジョファンの心をくすぐる。(金野正之)


2016年08月05日金曜日


先頭に戻る