宮城のニュース

<楽天>先発美馬 序盤で崩れ2連敗

東北楽天―西武 2回西武1死三塁、森の右前適時打で三走秋山(左)が生還。6失点となり立ちつくす東北楽天先発の美馬=コボスタ宮城

 東北楽天は先発美馬が序盤で崩れ、2連敗。1−0の二回に7短長打で6点を失って逆転されると、三回には金子侑の2点適時打を許した。六回にウィーラーの中越えソロで1点、九回に島内の適時打などで2点を返したものの、及ばなかった。
 西武は連敗を4で止め、1日で最下位を脱出した。先発菊池は6月7日以来の7勝目。

 東北楽天−西武18回戦(東北楽天9勝8敗1分け、18時1分、楽天Koboスタジアム宮城、18,918人)
西  武062000020=10
東北楽天100001002=4
(勝)菊池14試合7勝5敗
(S)野上20試合2勝9敗1S
(敗)美馬17試合7勝5敗
(本)ウィーラー21号(1)(菊池)=6回

☆イヌワシろっかーるーむ
<藤田一也内野手(九回1死二、三塁、二ゴロで三走を生還させるも)>
 「ヒットを打ちたかった。(3日の試合で打球を当て)けがをした右手人さし指は痛むが、今はやるしかない」

☆梨田の話ダ
<手を合わせた>
 「序盤に交代したら、この暑い時季に救援陣が崩壊する。我慢するしかない。ファンに申し訳ないと心の中で手を合わせた」(序盤に崩れた美馬を六回まで続投させたことに)


2016年08月06日土曜日


先頭に戻る