秋田のニュース

<湯沢絵どうろう>夏の夕闇照らす美人画

絵灯籠のあでやかな雰囲気の中、姫や足軽の行列がまつり会場を練り歩いた

 約300年続く秋田県湯沢市の伝統行事「七夕絵どうろうまつり」が5日、市中心部の商店街で始まった。
 絵灯籠は、四つの商店街に大小計約150基が並んだ。多くは地元の愛好家らが約2カ月かけて作った。5日は好天に恵まれ、和装の美人画などが描かれた灯籠が夕闇を照らす中、和装の女性らがそぞろ歩きしながらあでやかな祭りを楽しんだ。
 まつりは江戸中期、京都の公家から湯沢城主の佐竹南家に嫁いだ姫の心を慰めるために始まったとされ、明治時代から絵灯籠も掲げるようになった。
 7日までのまつり期間中は「湯沢」の地名が共通する新潟県湯沢町と連携し、双方が誇る日本酒や温泉の魅力をPRするイベントなどがある。


関連ページ: 秋田 社会

2016年08月06日土曜日


先頭に戻る