広域のニュース

<若鷲旗>秀光中教校(宮城)投手戦制す

遊佐―秀光中教校 3番手として登板し好投した秀光中教校の宮本

 ▽1回戦(仙台市民)

秀光中教校(宮城)0001001=2
遊佐(山形)   0000000=0

 【評】秀光中教校が投手戦を制した。0−0の四回無死一塁から千葉蓮の適時二塁打で先制。七回は木村の犠飛で加点した。投げては3投手が完封リレー。遊佐は打線がつながらず、主戦伊藤を援護できなかった。

<小刻みな継投光る>
 秀光中教校は3投手の小刻みな継投で遊佐を無得点に抑え、初戦を突破した。須江監督は好左腕伊藤を相手に1、2点勝負とみていただけに、「3人それぞれが打者1巡を抑えてくれればと思っていた。守りはばっちり」とたたえた。
 先発岩間は2回1/3を1安打と安定した投球。2番手大栄は1−0の四回2死一、三塁のピンチで「気持ちを落ち着かせて投げられた」と、得意のスライダーで空振り三振に仕留めた。
 六回からマウンドに登った宮本は、力強い直球を武器に二塁を踏ませず試合を締め、「(投手陣の)一人一人が役割を果たすことに集中できた」と納得の表情だった。


2016年08月06日土曜日


先頭に戻る