広域のニュース

<若鷲旗>松島(宮城第1)4強入り

松島−久慈 5回裏松島2死二塁、植野が中前に先制の適時打を放つ=仙台市民

 第45回若鷲旗争奪東北中学野球は第2日は6日、仙台市民、名取市民の両球場で準々決勝が行われ、松島(宮城第1)が久慈(岩手第2)を1−0で、秀光中教校(宮城第2)が仙北(岩手第1)を3−1でそれぞれ破り、準決勝に進んだ。
 松島は0−0の五回、田崎の中前打などで2死二塁の好機をつくり、植野の中前適時打で先制。投げては先発植野と阿部のリレーで無得点に抑えた。
 秀光中教校は1−1の七回、1死三塁から紺野の右越え三塁打で勝ち越すと、続く小熊の左前適時打でこの回2点目を奪い、試合を決定づけた。

 ▽準々決勝
久慈(岩手) 0000000=0
松島(宮城) 000010×=1

秀光中教校(宮城) 1000002=3
仙北(岩手)    0100000=1


2016年08月06日土曜日


先頭に戻る