青森のニュース

<ねぶた>大賞に「蝦夷ケ島夷酋と九郎義経」

ねぶた大賞を受賞したJRねぶた実行プロジェクトの「蝦夷ケ島夷酋と九郎義経」

 青森ねぶた祭の最高賞「ねぶた大賞」に、JRねぶた実行プロジェクトの「蝦夷ケ島夷酋(えぞがしまいしゅう)と九郎義経」(竹浪比呂央さん制作)が選ばれた。同団体の受賞は12年ぶり7回目。制作者の竹浪さんは3年連続5回目となる最優秀制作者賞を受賞した。
 大賞作品は、平泉で自刃せず生き延びて北を目指したとの説もある源義経が、蝦夷地にたどり着き、生命力あふれるアイヌ民族の姿を目の当たりにして、天命を全うしようと固く決意する場面を表現した。上位は僅差だったが、北海道新幹線開業に合わせた題材が評価された。
 各賞は青森商工会議所関係者や市民らによる審査委員会が5日夜に決定した。最終日の7日に青森市の青森港で行われる海上運行に、受賞作品など6台が登場する。
 ほかの受賞作品は次の通り。
 知事賞 ヤマト運輸ねぶた実行委員会「俵籐太(たわらの・とうた)と竜神」(北村隆さん作)▽市長賞 青森菱友会「箭根森(やのねもり)八幡」(竹浪比呂央さん作)▽商工会議所会頭賞 あおもり市民ねぶた実行委員会「陰陽師(おんみょうじ)、妖怪退治」(北村麻子さん作)▽観光コンベンション協会会長賞 日立連合ねぶた委員会「忠臣蔵」(北村蓮明さん作)


関連ページ: 青森 社会

2016年08月07日日曜日


先頭に戻る