岩手のニュース

<リオ五輪>「頑張って」盛岡でPV

大型画面に映る各国の選手団入場の様子を見守る来場者=盛岡市内丸のもりおか歴史文化館前

 盛岡市内丸のもりおか歴史文化館前の広場では大型スクリーンを通じて、開会式が中継放映された。熱心な市民が大画面の前で日本選手団の活躍を期待した。
 東京都などが開催する「東京2020ライブサイトin2016−リオから東京へ」の一環。
 家族3人で訪れた同市の会社員佐々木洋之さん(32)は「7歳の息子がいるので、テレビでさまざまな競技を見てスポーツを楽しむきっかけになればいい」と話した。20キロ競歩男子に出場する花巻市出身の高橋英輝選手(23)のメダル獲得を期待し「岩手出身の若い選手に頑張ってほしい」と語った。
 会場にはパラリンピック競技の車いすバスケットボールの紹介コーナーも設置。車いすに乗って体験した同市の会社員熊谷陽平さん(29)は「腕の力だけでシュートするのは大変だった」と額の汗を拭った。
 ライブサイトは13、14日に仙台市青葉区の勾当台公園市民広場で、21、22日に福島市のあづま総合体育館でも開催される。


関連ページ: 岩手 社会 リオ五輪

2016年08月07日日曜日


先頭に戻る