秋田のニュース

北極圏の映像交え紹介 冒険家阿部さんが講演

自力で未来を切り開く大切さを訴えた秋田市出身の冒険家阿部雅龍さん

 2017年冬に南極点単独踏破に挑む秋田市出身の冒険家阿部雅龍さん(33)=東京都板橋区=が、母校の秋田大理工学部(同市)の授業で講演した。
 学生約140人を前に、14年から続けている北極圏での単独歩行の様子などを映像を交えて紹介した。北極の海に落ち、死を覚悟した時もあったという。「自分がしたいことは、手を挙げて主張していくことが大事。生き方を選ぶのは自分自身であり、未来は自力で切り開いてほしい」と後輩たちに呼び掛けた。
 阿部さんは在学中に自転車で南米大陸を縦断したのをはじめ、北極圏の単独踏破などに挑んできた。現在は、日本人で初めて南極探検をした白瀬矗(のぶ)中尉=にかほ市出身=が到達した「大和雪原」を通過し、南極点に行く1500キロの単独踏破を計画している。
 授業は社会で活躍する人を講師に招き行っている。


関連ページ: 秋田 社会

2016年08月07日日曜日


先頭に戻る