広域のニュース

<若鷲旗>秀光中教校(宮城)競り勝つ

 ▽準々決勝(名取市民)
秀光中教校(宮城)1000002=3
仙   北(岩手)0100000=1

 【評】秀光中教校が競り勝った。七回1死二塁から紺野の右越え三塁打で2−1と勝ち越し、続く小熊の左前打で3点目を挙げて試合を決定づけた。宮本は1失点完投。仙北は先発藤沢が七回に力尽きた。

<紺野、勝ち越し打にひと安心>
 秀光中教校の紺野が値千金の一打を放った。七回1死二塁から勝ち越しの右越え三塁打。「何とか出塁しようと思った。ロースコアの試合を勝ててよかった」と、ほっとした表情を浮かべた。
 両チームとも二回までに1点ずつを取り合い、以降は好機に一打を欠くじりじりとした展開が続いた。七回の打席で紺野は逆方向を意識し、外角の変化球を見事に捉えた。
 「延長に入らず勝ち切れたことに、選手たちの成長を感じる」と須江監督。次は準決勝。紺野は「先を見ず、一つ一つ丁寧にプレーしたい」と話した。


2016年08月07日日曜日


先頭に戻る